このページ:TOP ≫  雑記

Poser界隈の方々、暗号通貨やってみませんか?

実は約3ヶ月前から、暗号通貨というものをはじめています。
つい最近になって、ようやく「暗号通貨とダウンロード販売はものすごく相性が良い」という事に気が付いたので、このブログでもチョット紹介してみます。

monacoinを使った販売例
V3用の階段落ちモーション購入(ダウンロード)リンク
階段落ちモーションファイル(V3用)
  価格:5MONA
Monacoinで購入する
▲決済サービスサイト(monapay)にジャンプします。
販売データの詳細: V3用 階段落ちモーションファイル(90FPS)

ちなみに現在、別館サイトでMonacoinプレゼント企画を実施中です。
参加していただけたら、10MONA プレゼントしています。
興味を持って頂けたら、企画に参加してコインを入手して、購入テストしてみて下さい。
商品購入後も5MONA余るので、コインの利用方法を模索しちゃってください。

 

販売しているモーションデータは、こんな感じです。
プロモーションムービー

 

この販売システムは、暗号通貨Monacoin と、その決済サービスMonapayを利用しています。
決済サービスの利用には特別な審査も登録も無く、匿名で決済サービスが利用でき、販売ボタンを自分のブログに設置出来ちゃいます。

そして、決済手数料はオドロキの商品価格の1%です。
たとえば上記リンクからダウンロード購入して頂くと、お支払い頂いた5MONA中、4.95MONA(99%)が私の懐に入ります。
また支払い時の送金手数料も格安で、日本円にして0.005~0.006円ほどです。

 

ちなみに寄付ボタンも簡単に設置できます。

▲寄付ボタンの配布先:暗号通貨寄付ウィジェット
有償データ販売にためらいがある場合などでも、寄付を募るという選択が可能です。

 

 

コインを入手できた後、1~2回ほど送金や寄付を行ってみれば理解できますが、デジタルコンテンツを個人販売する場合など、暗号通貨は PayPal やカード決済よりも便利で、柔軟性が高いです。

誰でも気軽に、匿名で利用でき、手数料も格安。そんなんアリなん!?

という事で、かなり衝撃的です。
ここから暗号通貨について色々と書いていきます。結構長文です。

Monacoinについて

公式Monacoin プロジェクトページ

Monacoinは、最近ニュースでみかける「Bitcoin」の亜種です。
データの改変や偽造がほぼ不可能で、インターネット上で「お金のような扱い」が可能なシステムです。法律的には未整備で、価値を担保してくれる発行母体も存在しません。

公式サイトでは、monacoinはネット上全般で使える「ゲーム通貨」扱いです。
1MONAは、(2014年4月時点では)日本円で約5~7円ほどの価値がついています。

まずは心がまえ

現時点では、暗号通貨の価値はかなり不安定なもので、深入り(大量保有)は禁物・・・というか細心の注意が必要です。

私事ですが、4月初旬にちょっとしたはずみで3~4万円分の暗号コインを購入してしまい、「現時点では大量のコインを有効に使える場所やサービスがほとんどない」と後から気が付き、少々反省しています(^_^;

暗号通貨は生まれたての存在で、使い道も自力で作っていく・・・そんな感じです。

あと私は、今年2月のMtGox破綻時にも、しっかり被害を被りましたw
その時取引したお金もbitcoinも、手元に帰ってきません( ̄▽ ̄;)


新しい可能性を探る、という意味では、少しだけコインを手にしてみて、いろいろ「ちいさな体験」をしてみることをお勧めします。
まあ、ほどほどにしておかないと、私みたいにバカやっちゃいます(笑)

 

そんな注意を踏まえつつ、暗号通貨とデジタルコンテンツの相性や、ダウンロード販売や決済のメリット、その未来についてのお話を読んでワクワクしてみて下さい。

暗号通貨 初心者向けスタートガイド

 ・スタートMonacoin (外部サイト初心者向けガイド)
 ・1 分で分かるMonacoin ( 〃 )

 ・ぼくんちのTV別館:暗号通貨のはじめ方 (当サイト初心者向けガイド)
   ├ MonaCoin の財布アプリMonaCoin Qtのインストールと使い方
   └ Monacoin を使いデジタルコンテンツを購入する方法

私がMonacoinにハマったのは「日本語の情報と、コインそのものが国内で入手しやすい」という点が大きいです。将来性は有るのか無いのか・・・私もよく解りません。コインを集めるのは面白いのですが、所持量が増えると不安になります(笑)

という事で決済サービスとしては魅力的ですが、貯め込む行為は今はまだ自己責任の世界になります。コインの価値にはやや不安があります。
現時点では、「monacoinは、練習用の暗号通貨」と考えるか、とにかく流通させて手元に大金を残さないようにておくか、ってのが安全かなあ・・・と思いっています。

どうやって入手するの?お金としての価値はあるの?

コインの入手、換金先の一例
Bitcoinの購入・換金先例・・・・ PayびっとBtcBox
Monacoinの購入・換金先例・・・・MONA MALL(ギフト券などとも交換可能)
BTC/MONAの交換・・・・もなとれ (取引所)
BTC/SLLの交換・・・・・・ virwox (SLL:セカンドライフ通貨)
※上記はあくまでも一例です。もっと便利なサービスがあるかもしれないし、今後新しいサービスが生まれるかもしれません。

昨年のBitcoin高騰から、実に多種多様の暗号通貨が生まれ、非常にカオスな状態になっていますが、どのコインもとりあえず、いくらかの価値は付いています。
(リンク先は、暗号通貨を経済規模の順でリスト化しているサイトです)
(ニュースなどでご存知だとは思いますが、Bitcoinは投機対象となり価格が乱高下しています。大金をつぎ込むのはまだチョット危険です)

前述の通り、日本国内での情報とサービスを求めたら利用する暗号通貨は「Monacoin」一択になります。しかし流通量はまだまだ小さく、一気に1000MONAを現金やギフト券に交換しようと思ったら、希望するレートで交換相手がなかなか見つからない・・・なんて事も発生します。

 

マイニングによる入手
RADEON系のハイエンドGPUを持っている方なら、マイニング (暗号通貨の取引履歴の計算処理) に参加して、計算の報酬にコインを受け取るという選択肢もあります。1日300円分の電気代を使って、350円分のコインを入手する・・・とか、そういう世界です。(海外には300 枚のGPUカードを24時間フル稼働してコインを集める猛者もいます('Α`))

マイニング例
 ・ Pool(採掘場)の登録方法、利用方法
 ・ gminer、cudaminer、CPU Miner の初期設定
(注意:専用の採掘マシンが登場しはじめたので、GPU 採掘で電気代がペイできるのはあと1ヶ月程度と思われます)
(bitcoinの場合、昨年のうちに専用マシンが登場、かつ大規模化し、個人での採掘は採算が合わなくなっていました)
(専用の採掘マシンが存在しない暗号通貨もあります)

Web決済サービスには、どんなモノがあるの?

  • Monacoinの場合・・・ モナペイ
     ・個人情報の登録不要
     ・決済手数料1%
     ・その他制限なし(日本の法律や常識の範囲内で)
     ・振込み手数料 0.001MONA (約0.006円) 
  • Bitcoinの場合・・・・ ビットペイ
     ・決済手数料ゼロ、管理費は30日30ドル(上位サービスあり)
     ・売上げ1日1万ドルまで(上位サービスあり)
     ・振込み手数料 0.001BTC (約50円) 
     ・決済手数料1%、管理費ゼロのお試しプランあり
  • その他(Monacoin)
    共同プロジェクトの場合・・・ MonaAll(準備中)
     ・トラブルが起こりがちな分配率をあらかじめ設定する事が可能。

※振込み手数料は、Walletの設定でゼロにする事も可能です
(ゼロにすると送金処理が後回しにされ、非常にに時間がかかる場合があるので注意。)

 

モナペイを利用した、決済ページの作成例
今回紹介した「階段落ちモーション」を登録した時の手順です。
モナペイを利用した例
▲クリックで拡大
登録に必要な項目はこれだけ。
登録画面に迷うところはありません。
個人名やメールアドレス、アカウント等の入力すら不要です。

決済ページ作成後
決済ページ作成後
▲クリックで拡大
このような画面にジャンプします。
管理者用のURLはメモして忘れないようにしておきましょう。これが全てです。
また他人に漏れないように注意しましょう。

管理者用ページ
管理用ページ
▲クリックで拡大
商品名や価格、決済後に表示されるURLなどは後から編集可能です。
コインアドレスは変更不可です。
長期間売りたい場合や、高額な商品を扱う場合は、オンラインWalletの利用は避け、PCにインストールするタイプのWalletを利用し自分で管理しましょう。
あとは自分で作成した決済ページへ飛んで、正常作動するか確認すればOKです。

 

本格的に商用利用したい場合や、英語の情報が苦にならない場合、海外販売も視野に入れている場合などは、Bitcoinで決済サービスを導入する方が賢い選択になります。
逆に、駆け出しのコンテンツホルダーや、小規模サイトで実験的に導入して見たい場合や、国内のみを視野に入れている場合などは、Monacoinが向いています。

そして実際に試してみると実感できますが、どんなに小規模のサイトでも、そして極端な話1~2円レベルの小額の商品でも、個人レベルで気軽に決済サービスを利用することが可能です。

 

暗号通貨を利用するメリット

  • 今回の私の販売の様に、決済サービスを利用するだけでほぼ自サイト上でデータ販売をする事が可能です。
  • 決済サービスを利用する際、面倒な手続きは不要です。
  • 販売手数料、決済手数料も殆どかかりません。
  • 決済サービスによっては、買い手も売り手も匿名(またはメールアドレスのみ)で利用可能です。
    (さすがに現金に換金する際は身分証明書等が必要になります)
    (ギフト券などと交換する際はメールアドレスのみでOKの場合も多いです)

デメリット

  • コインの入手や、仕組みを理解するのが結構難しい。
  • コンテンツの販売も購入も匿名で行えるため、従来のようなサポートは難しい。
    (購入の際メールアドレスなどの登録も不要)
    (正規購入者と割れユーザーを区別するには何らかの工夫が必要になる)
  • 法律は未整備。暗号コインは法律的にはお金ではない。トラブルに遭った場合、誰も保証してくれない。
  • 決済サービスすら匿名で使えるという事は、(決済サービスが)悪い事に利用される可能性もある。
  • コインの価値は非常に不安定。暴落し、ほぼ無価値になる可能性もある。
    ある日いきなり、換金先がなくなるかもしれない。
  • 安易な有料化手段が出来たことで、今まで目立たなかったゴミのようなデータが目に触れやすくなる・・・という弊害も今後出てくるかもしれない。

暗号通貨全般の注意点

  • 基本的にデフレ特性があり、コインの価値は上がりやすくなっています。
    投資・投機の対象となりやすく、ちょっとしたキッカケでコインの価格が暴騰したり、バブルがはじけたりします。
  • 「デフレ特性がある」と言っても、通貨発行から最初の4~8年の間は超絶なインフレが起きるようにプログラムされています。
    (うまく流通しなかった暗号通貨は、ジンバブエ状態になります)
    (コインによって発行ペースは異なります)
  • 法律が未整備かつ匿名性が高いので、(主に現金と交換する際に) 往々にして詐欺が発生します(カード決済、Paypalなどのキャンセル期間を悪用する例が多い)。
  • マネーロンダリングに利用しようとする人もいるので、大金を投入すると当局から監視や本人確認が入ったり、最悪の場合口座が一時凍結したりします。
  • 「匿名性が高い」と言いつつも、全ての取引履歴はネットワーク上に公開されています。
    不用意な行為をするとコインのアドレスを追跡されます。

とりあえず、本気で暗号通貨に夢を見る人以外は、大量保有はしないようにしましょう。こまめにギフト券などと交換しておくのが無難です。

あとがき

あくまでも私の場合のお話ですが、
暗号コインが貯まっていく時の心境を書くと
 ・百円分くらい貯まる・・・・難しい!でも楽しい!
 ・千円分くらい貯まる・・・・超楽しい!
 ・1万円分くらい貯まる・・・・なにこれ超々々楽しい!これはハマる!
-------この辺でRMTに手を出す--------
 ・2万円分くらい貯まる・・・・ヒャッハー!
 ・3万円分以上貯まる・・・・あれ?使い道が無い・・・!俺、バカな事してる・・・ヤバイよこれ・・・
てな感じです(^_^;

私の場合、現金やギフト券と交換する気は全く無かったので、「貯めたいモード」から「使いたいモード」に心がシフトするまでは販売コンテンツが不足している事に気が付かなかったのです( ̄▽ ̄;)
ある程度コインが貯まって来て、ようやく「使えなければ何の意味も無い」事に気が付きました(笑)

値上がりを期待して貯め込むなんて、鋼のような精神を持っていないと無理ですねえ(^_^;
ネット上で「お金の代替」として使ってみて、未来の決済サービスを模索する楽しみ方が正解なようです。

てな事で、私はいま自分の所有しているコインの使い道を模索している最中です。

このページで言いたいこと

Poser界隈の方々で有償コンテンツをお持ちの方、売り物としても通用しそうな高品質な素材をフリーで配布されている方、レンデロやDAZに登録するのが億劫な方、利用している決済サービスのピンハネ料が高くて困っている方・・・・等々、

暗号通貨に興味を持ち、実験的にデータ販売を始めてくれたら面白いなあ・・・
せめて寄付ボタンとか付けてくれないかなあ・・・ (コメントくれたら寄付に行くよ!)

とか思ったりして更新してみました。

良いものがフリーで手に入るインターネットの世界は素晴らしい。でも、お金を払っても惜しくないフリーの素材やツールも一杯ある。なんかこう、そういうモノに投げ銭出来る仕組みってのもステキだなあと、ある程度コインが貯まってようやく気が付いた次第です。

あと、DAZやレンデロ、e-onが早くBitcoinに対応しないかなあ・・・1~2年すれば、対応するかなあ・・・なんて淡い期待も持っています(´∀`)

Category : 雑記
« V3用 階段落ちモーションファイル(90FPS)をmonaで販売してみます(一つ古い記事) | このページ | 最近のPoserファイルをVueでモーションブラーさせる(一つ新しい記事) »
このブログを検索
カテゴリー
最近の記事
DAZ rendero e-on smithmicro e-frontier

関連項目

カテゴリ雑記

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.boktv.x0.com/blog/b4tt8bbx.cgi/3015-del
-delを削除してご使用ください(スパム対策)

コメント

コメントする