このページ:TOP ≫  Poser

Poser Pro 2014 でフィギュアの書き出し( obj エキスポート )

Poser Pro 2014 で(メタセコ用に)フィギュアの書き出しする際のエキスポート設定の覚書き。

Poser Pro 2014のエキスポート設定
▲クリックで拡大
Poser Pro 2014から (例えばメタセコ用にobjデータとして) 書き出す場合、上記の様にチェックしとけば良い感じ。
(※Poser内のモーフの変形を適用したオブジェクトを書き出す場合は「As Morph Target(no world transformation)」にチェックを入れておく)

ちなみにPoser6の頃はこんな感じ
m3-head2.jpg
バージョンアップする度に各項目の表示順が違うので、
「なんとな~く」「上から順になし・あり・あり・なし・・・」みたいな感覚で覚えていると痛い目に合いますねえ(^_^;

 

久々にPoser触ったら、objの読み込み設定を思い出すのにも時間がかかったw

objをPoser Pro 2014に読み込む場合は以下の設定で
objをPoser Pro 2014に読み込む
▲読み込み時の設定
Poserの寸法に併せてモデリングした場合は、チェック全部外す。
テキトーに作ったモデルの場合は、センター配置したり、床に乗るように設定したり、サイズを自動調節したり・・・

その時その時でテキトーに調整する。

Category : Poser
« メタセコイヤのショートカットキーの設定保存・引越し(一つ古い記事) | このページ | Poserの「UI dots」の使い方がようやく解った(一つ新しい記事) »
このブログを検索
カテゴリー
最近の記事
DAZ rendero e-on smithmicro e-frontier

関連項目

カテゴリPoser

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.boktv.x0.com/blog/b4tt8bbx.cgi/3005-del
-delを削除してご使用ください(スパム対策)

コメント

コメントする