このページ:TOP ≫  Poser

Poserライブラリの「error 5: アクセスが拒否されました」の解消方法

Poser Pro 2012をSR3.1にアップデートしたら、Poserを起動するたびに「error 5:アクセスが拒否されました。」のエラーメッセージが出るようになってしまった。

error 5: アクセスが拒否されました
▲クリックで拡大

具体的なエラーメッセージ

Failed to retrieve file times for 'D:\xxxx\Poser\Runtime\libraries\Character\xxxx'
(error 5: アクセスが拒否されました。)


実害は無いものの、毎回このエラーメッセージが出るのは気持ち悪い。
解消方法はスゲー簡単だったが、ネット上に存在する解消方法では効果がなく、解決するのにすげー時間がかかった。

解消方法: Runtime内のショートカットを削除する

私は、キャラ別・世代別にRuntimeを分けてPoserファイルを管理している。
それぞれのRuntime間のアクセスを簡便化するために、アチコチにショートカットリンクを貼っていた。どうやらこれが悪影響を与えるみたい。

ショートカットリンクを削除する
▲クリックで拡大
\Librariesフォルダ内の「別Runtimeへ貼っていたショートカットリンク」を削除したらエラーは解消された。

解消方法: その他

インターネット上で「error 5:アクセスが拒否されました。」関連の解消方法を検索すると、ファイルのアクセス権や所有者を変更する事で解消する場合が多い旨の情報が沢山拾える。

ファイルのアクセス権や所有者を変更する
▲クリックで拡大

Poser・PCの両方で何世代にも渡ってRuntimeを管理している場合は、コッチが原因の場合もありそう。私のPoser環境でも、エラーの発生していたフォルダは所有権やアクセス権が微妙に変な感じになっていたけど、この対策は効果なかった。

Category : Poser
« Vue11 Pre入手。パーティクルテスト(一つ古い記事) | このページ | DSON Importer for Poserのインストール、サブディビジョン指定など(一つ新しい記事) »
このブログを検索
カテゴリー
最近の記事
DAZ rendero e-on smithmicro e-frontier

関連項目

カテゴリPoser

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.boktv.x0.com/blog/b4tt8bbx.cgi/2970-del
-delを削除してご使用ください(スパム対策)

コメント

コメントする