このページ:TOP ≫  VueVue10初期検証  またはTOP ≫ 雑記

属するカテゴリ● Vue10初期検証雑記
一つ前の記事 ● PCメンテで隠れキャラ現れる
一つ後の記事 ● Vue10でのPoserファイルのモーションブラー

Core i7 3930Kマシン購入、Vue 10のレンダリング速度比較

表題通り、新しいPCを購入しました。CPU 6コア&4chメモリを搭載した Core i7 3930Kマシンです。実際に購入したのは1月9日ですが、満足の行くオーバークロック設定詰めに思いのほか時間がかかっちゃいました(^_^;

Core i7 920(3.5GHz HT無効) → 3930K(4.3GHz HT有効)で、Vueのレンダリング性能は約3倍。PCの進化は凄いです><

とりあえず何が凄いかって云うと、SponzaをGRレンダした場合でもSD画質で1フレーム20~30秒で納まるってのは大きいです。

▲Sponzaのフライスルーで色々とテスト動画を作成してみた
※動画は854x480で作成。YouTubeには1280x720でアップ。
※大気設定のテストも同時に行ったので、各動画で明るさが違います

 

スポンザのGRで15~6秒のフライスルー作っても、レンダリング2時間弱。
GRベイクしちゃえばGRレンダでも1時間05分。
※Sponzaクラスのオブジェクトでも、ベイクにかかる時間は80分ほど。
フォーカスブラーやカメラブラー効果を入れても1時間30~40分。
このクオリティが2時間前後の処理時間で手に入る><
20万円前後のPC1台を利用した場合でも、GRを使ったアニメーション制作が現実味を帯びてきました・・・!

過去のマシン・Vueとのレンダリング速度比較

CPUVue周波数
(GHz)
HTToyTrainSponza
640x480
final
640x480
2x2x30%
1600x1200
final
448x336
final
800x600 Vue10
Samlpe Default
北森セレ52.5約30分約50分
AthlonX2
+3800
52.4691sec105sec336sec
AthlonX2
+3800
62.4193sec61sec197sec
92063.537sec17sec56sec
92083.530sec15sec47sec
920103.523sec12sec118sec32sec258sec
3930K104.37sec(3.3倍)3sec(4.0倍)39sec(3.0倍)11sec(2.9)99sec(2.6)
3930K104.36sec(3.8倍)3sec(4.0倍)34sec(3.5倍)10sec(3.2)106sec
※ToyTrain、SponzaのサンプルデータはVueのバージョン毎に微妙に設定が違う。
 なので設定を揃える為、Vue5時代のデータを利用した。
 (Sponza 800x600のみVue10のサンプル使用)
 (赤文字部分は、1~2タイルのみ処理が終わらず、HT有効が逆に足を引っ張ってしまった。
  920、3930Kどの処理も最終1タイルが足を引っ張るので、↑の数値は正確なモノにならない。)

 

だいたい予想通り、Core i7 920比で 3~4倍前後の処理能力になっています。初めてVueを購入した当時(北森セレロン2.5Ghz利用)の頃から比較すると300倍の処理能力。涙がチョチョ切れそうです><

また、Vue R10に付属したスポンザアトリウムは、設定された大気設定やレンダリング設定何故かもの凄く過剰。ビックリする位レンダリングに時間がかかる。
Vue5~6時代と同等のセッティングまで落としてやる、またはVue5に付属したサンプルを利用すると、順当に高速な処理でレンダリング終了。

Vue7と9時代は速度チェックしていないのですが、Vueもバージョンアップする度に処理速度は順調に早くなり、画質もそれなりに向上している感じです。

しかし、被写界深度やGI、GR等の計算方法がかなり違っている感じで、出来上がる絵が微妙に違います・・・。表現力と言うか美しさというか・・・仕上がりは私の好み。良くなっていると言って良いと思います。が、GRを利用した際の間接光の反射・影響が弱くなっているというか、クセがあると言うか・・・こいつを自由にセッティング出来るようになるまでは少し時間がかかりそうです。

Category : Vue10初期検証, 雑記
« PCメンテで隠れキャラ現れる(一つ古い記事) | このページ | Vue10でのPoserファイルのモーションブラー(一つ新しい記事) »
このブログを検索
カテゴリー
最近の記事
DAZ rendero e-on smithmicro e-frontier

関連項目

カテゴリVue10初期検証
カテゴリ雑記

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.boktv.x0.com/blog/b4tt8bbx.cgi/2949-del
-delを削除してご使用ください(スパム対策)

コメント

コメントする




Posted by: クッパ | 2013年10月 7日 10:37

こんにちわ 3930K poserでググッタラここへたどりつきました。

質問ですがデスクトップPCではi73930K使ってます。 poser 2012pro動かすとプレビューにカクカクしませんか? サブPCではi73820ですがめっちゃスムーズに動いてます。

CPUの相性でposerスムーズに動くことってあるのかな?

Posted by: けん(管理人) | 2013年10月 7日 12:56

3930と3820は同世代で、コア数以外はほぼ同じCPUなので、Poserのプレビュー性能に差は出ないと思います。
Poserのプレビューのカクカク具合は、CPUよりビデオカードの性能に依存するはずですよ。

また、プレビューの設定
 ・OpenGLかSreeDか
 ・影の精度
 ・テクスチャの解像度
 ・被写界震度の設定
なども大きく影響します。

私のPC環境では、V4以上のフィギュア2~3体置いたり、大きな背景を置くとプレビューがカクカクしますねえ。

気になるようでしたら、ビデオカードのドライバを、いったん完全削除してから最新版をインストールする事をお勧めします。
http://freesoft.tvbok.com/freesoft/pc_system/driver-fusion.html
▲私はコレでドライバの削除を行っています。
フリー版は完全に削除は出来ないのですが、それでもかなりの効果があります。

Posted by: クッパ | 2013年10月 8日 01:02

ドライバ消してもだめでした。
グラボはASUSのGTX770 2Gです。

でもタスクマネージャを起動して
プロセス→poserpro を選んで
関係の設定でCPUのチェックが12個ありましたので1個だけチェックにすると
スムーズになるんです。
レンダリングするときもまた全部チェック入れるのもめんどくさいんですw

うーむ・・・

Posted by: けん(管理人) | 2013年10月 8日 12:52

ASUSのドライバダウンロードページで入手できる
Intelのチップセットユーティリティなどはインストールされていますか?

> 関係の設定でCPUのチェックが12個
> ありましたので1個だけチェックにす
> るとスムーズになるんです。

これはPoser6~7頃までは良く発生していた現象です。
Poser8以降解消された問題だと思っていましたが、まだ問題のでる環境があるんですねえ。

http://www.boktv.x0.com/bokblog/2007/09/dualcorecpuposer.html
▲この不具合が有名だった当時も、有効な解決策は発見されず、皆レンダリング時に手動で全部チェック入れていましたw

現在では、CPUやマザボのドライバがしっかり効いていれば、問題は発生しない筈なのですが・・・。

Posted by: S&H | 2014年4月 7日 08:00

KP41の件、Intel core i7, i5 等の高速度CPUは、急に忙しくなった場合にクロック周波数を上げる工夫がありますが、これがかえって仇になり、急峻な大電流の立ち上がりで、CPU Vdd端子電圧が、瞬間的に急下降し、Cプ動作保証範囲の電圧域より電圧が下がり、CPU誤動作が起こるのかもしれません。
デジタルオシロがあれば、CPU Vdd電圧が、急峻なタスク起動の瞬間に下がりすぎる現象が計測できるかもしれません。
Vdd端子に大きめの容量100uFなどをつけると瞬間的電圧降下を防げ、KP41が解決するかもしれません。基板に手を入れるのでエンドユーザの私には難しい作業になりますが、マルチコアCPUはこれまでにない電源配線抵抗の電圧降下に基板実装設計に配慮が必要と思われます。

Posted by: けん(管理人) | 2014年4月 7日 19:32

>S&Hさん
ハードウェア的なKP41の解決案ありがとうございます。

現在、マザーの各種電圧や周波数の設定をやや高めに設定&固定値にする事でKP41に対処しています。
具体的にはCPU PLL Voltageとメモリ周波数を固定する事で作業中のKP41から開放されました。

最近のマザーやCPUは、瞬間的な電圧降下が発生しやすいのですね。
haswell-eでは解決してると良いなあ。。。
次にPC買い換える時は初物買いせず、どれくらい電圧降下耐性があるかチェック(様子見)してからCPUとマザーを選ぶことにします(^_^;