このページ:TOP ≫  Vue  またはTOP ≫ Poser  またはTOP ≫ レンダリング高速化

64bit版Windows7でVue、Poser

はじめにお断り。
Vue7の情報はありません。まだVue6infで遊んでいます。
ここで使用しているWindows7はRC(評価版)です。製品版では違う作動になるかもしれません。

以下本文。

現在、Windows7 RC(x64)をインストールして評価中。。。というか遊んでいます。
本題を先に書いちゃうと、Vue6infは32Bit版と64Bit版、レンダリング速度が2倍違います。
64Bit版のVue、レンダリング激速です。こりゃもう、3Dやるなら64BitWindowsですよ!

というのが本題のお話です。

Windows7RCは8/20までダウンロード可能。多分それ以降はWindows7RTM(最終製品候補版)がダウンロード出来るようになると思いますんで、PCのスペック足りている人は今のうちに64Bit版のWindows7ダウンロードして試して見るのをオススメします。

もし環境的にダメだったとしても、タダで試せるワケですから。チャンスです。

64Bit版WindowsやVistaへの誤解があったかも

2年前、「PoserやVueはVistaで作動するの?」「64Bit版Windowsで作動するの?」と色々検索してみて、あまりに怪しい結果しか出てこない有様にOSバージョンアップを見送ってました。
が、どうやらその辺の心配は今では殆ど皆無のようです。

私の64Bit版Windowsへの誤解があった

Windows XPの64Bit版が、とにかく出来が悪かった。。。というか32Bit版XPとの互換性が無さすぎた&各ハードのドライバ対応が貧弱だったのが、私に64Bit版Windows全般への誤解を持たせてしまっていたようで(^_^;

Windows7になると、
 1. 16Bitコードが含まれたアプリ
 2. 音を鳴らすのにWin98の頃の技術を使っているアプリ
致命的に動かないのはこの2種類くらいみたいです。

そしてインストールに苦労するけど何とか動くのが
 3. システムフォルダにインストールを行い、インストール先の融通が利かないアプリ
これは、LameMP3とかHuffyuvとかinfファイルを右クリックしてシステムにインストールするタイプのもの。主にコーデック類。infファイルを手打ちで改変して何とかインストール出来ますので、そのうちx64Win7専用のファイルが出回りそう。

とりあえず私が試したところではそんなカンジです。
64Bit版Windows7、(私の手持ちアプリは)10年以内に購入した9割が動きます。7年以内に購入したものは全部動きます。95~98年に購入したものはさすがに動かないアプリが殆どでした。

ハードに関しては微妙。64Bit版ドライバが用意されていないモノは全滅です(^_^;

Vistaも少しずつ改良されてた

Vista発売当初は「OOOが作動しません報告」が沢山あったこと、「録音できなくなりました」とか「Aviが再生できなくなりました」とか、Vistaの要求スペックが高すぎる事以上に不安要素一杯だったのですが、
定期的に行われるOSのアップデートやサービスパック、各種アプリのアップデートパッチ等々で、「作動しないアプリ」ってのが知らない間にかなり対応済みになってました。

Poserも6のSR3からバッチリVista対応を謳っていますね。

私は64Bit版WindowsXPの評判の悪さと、Vista発売当初の評判の悪さをごっちゃにしていましたが、これは大きな間違いだったみたいです。
ハードの問題と16ビットアプリの問題をクリアすれば、32Bit XPから64Bit Windows7への移行は結構スムーズにいけるっぽいです。

 

64Bit版Windows 7とVueの相性

ここからが本題。

Vueは64Bit版Windows7への対応バッチリです。全然文句無く動きます。

Vueはx86、x64同梱?
▲それどころか、記憶では32BitWindows版を購入したつもりだったけど、64Bit版Windows7にインストールすると「64Bit」の文字が。
今まで気が付かなかったけど64Bit版のVueが同梱されていました。
シリアルもアクティベーションも、問題なく通りました。
日本語版Windowsに英語版Vueをインストールするには、一旦OSを英語環境にしなければならない点も同じ。アップデートパッチはOSを日本語環境に戻さないと適用できないのは今回が初。

64Bit版Vue6の安定度

Windows7が優秀なのか、メモリが増えた(旧マシン2GB、新マシン3GB)からなのか、OSが64Bitだからなのか、Vueが64Bit版だからなのか、何が原因かは解らないけど明らかに以前の環境より安定しています。

タスクバー
▲Poser、Vue、PhotoShop、Premiere Elementsの同時起動でも滅多に落ちない。
今までこんな使い方出来なかったので嬉しいです。

Vue自体は、やっぱり落ちる時は落ちます。が、体感2倍の安定度があります。
Vueクラッシュ1

Vueクラッシュ02
▲ちなみに良く落ちるのは上記二つ。

アニメーション作成中に「4面図からオブジェクトハンドルを使って拡大縮小」すると、重いデータは良く落ちます。
アニメーションのキーフレームをランタイム上で直接移動させても良く落ちます。

サイズ変更
▲オブジェクトサイズ変更は右サイドメニューの「Numerics」から変更すれば、まず落ちない

キーフレーム移動
▲キーフレーム移動も「ランタイム上で右クリック」≫「コンテキストメニュー内の『Move Keyframe』」で移動させればほぼ落ちない。

上記操作で落ちるのは以前のVueからあった事。それ以外の操作では今の所、全くと言ってよいほど落ちていません。64Bit版Vue、素晴らしいっす。

64Bit版Vueは、レンダリング爆速

そしてイチバン驚いたのがレンダリング速度。32Bit版と64Bit版でこうも違うとは。。。

以前Vue5>Vue6にアップグレードした際に計測したToy Train、スポンザアトリウムで、
再度レンダリング速度を計測して比較。

旧PC(2.4GhzX2CPU=4.8G)、
新PC(3.5GhzX4CPU=14G)。
と言う事で単純計算して、約3倍のスピードアップを期待していましたが。。。。

CPUAthlon64x2
(2.4Ghz)
Core i7
(3.5Ghz、HT ON)
Core i7
(3.5Ghz、HT OFF)
Core i7
(3.5Ghz、HT OFF)
OS & Vue6inf32Bit32Bit32Bit64Bit
Toy Train(640x480)
(Final)
3分13秒57秒1分18秒37秒
Toy Train(640x480)
(最適設定)
1分01秒26秒31秒17秒
スポンザアトリウム
(Final)
3分17秒1分44秒1分58秒56秒

64Bit版のVueを使うとそこから更に約2倍です

64Bit版恐るべしです。
ちなみにCore i7、HTをONにすると約20%レンダリング速度が上がります。
HT機能を有効に使えるソフトが私の場合Vueだけなので微妙ですが、Core i7の8スレッドも強烈です。

あと、シャドウマップの精度が以前より若干良くなっている(アニメーションさせた時のちらつきが少ない)のに気が付きました。これはCPUの違いなのか、Vueのアップデートによるものなのか、32・64Bitの違いなのか不明。

 

ここからPoserの話題

64Bit版Windows 7とPoserの相性:悪い所

こちらはチョット微妙。私はPoser6英語版、Poser7英語版の2種類を愛用していますが、一つだけ致命的な相性の悪さがあります。

多分64Bit、32Bit関係ありません。
Windows7のマウス操作に加わった横着仕様と相性が悪いです。

Windows7でPoser
▲Poserでカメラ操作してると。。。。

Windows7でPoserその2
▲突然PoserのWindowが消えます。(酷い時は)タスクバーからも消えます。

Windows7でPoser
▲Poserが落ちたのかと思って再度Poserを起動させると、何事も無かったかのように作成中のシーンファイル込みでPoserのウインドウが現われます。不思議。

どうやら。。。。

Window7オモシロ機能
▲Windows7は、作業中のウインドウをドラッグして画面端にぶつけると

画面が半分に
▲ウインドウが画面半分の大きさに変更出来るギミックが仕掛けられています。

しかし、この仕様とPoserのカメラ操作が干渉して
おかしな事になっているっぽいです。
(マウスカーソルが画面外まで出る位カメラを動かすと時々発生する)

簡単操作
▲このギミックは、「コントロールパネル」>「コンピューターの簡単操作センター」>「マウスを使いやすくします」から設定できます。
多分これが原因なんだろうけど、無効にしてもPoserは良く画面から消えちゃいます。

他にもマウス操作の横着仕様が色々あるっぽいので、全部OFFにすると直るかも(未検証)

Windows7製品版で直ってるといいな。
Poser側での対応は、、、今の所むりっぽいよね。特に日本語版は(´・ω・`)

64Bit版Windows 7とPoserの相性:良い所

64Bit版Windows7でPoserを使ってみて、明らかに良くなっているのはファイルの読み込み速度。
V3、M3、V4などで体感5倍速いです。
V2、Chibibelあたりで3倍速いです。

フィギュアのアイコンクリックして「1~2分後にようやくフィギュアとコンニチワ」みたいな状況は全然発生しなくなりました。

他は32Bit版WindowsXPと比較して、ほとんど変わりなしです。

作動確認したPoserのバージョンは以下

Poser6(英語版)発売直後購入、SRなし
Poser6(英語版)SR4
Poser7(英語版)発売直後購入、SRなし
Poser7(英語版)SR3

Poser6は6SR3あたりでVista正式対応だった気がするけど、パッチを当てていない状態でもWindows7で普通に作動するっぽい。
ただし、私はPoser上ではあまり凝った事やらないので、複雑なマテリアル作ったり、フェイスルーム使ったりするとどうなるか解りません。
(私がPoser上で行うこと:
 キャラクタのセットアップ
 ポージング
 アニメーション作成
 クロスシミュレーション)
レンダリング、フェイスルーム、ヘアールームは使わないのでチョット解らないです。

おまけ

Vue7、私はアルファチャンネル大好き人間なのでinfinite購入予定でいます。
が、もうチョット落ち着いてから。
とか思っていたらVue8情報が、、、、
おまけにPoserも8情報が、、、、

Carraraは6購入したものの一度も遊ばないまま7出たし。。。

そろそろバージョンアップに付いて行けない人間になりそうです(^_^;

Category : Vue, Poser, レンダリング高速化
« クロスシミュレーションで花吹雪(一つ古い記事) | このページ | PC買い替えとかでも、Poser6はインストールしなくても大丈夫(一つ新しい記事) »
このブログを検索
カテゴリー
最近の記事
DAZ rendero e-on smithmicro e-frontier

関連項目

カテゴリVue
カテゴリPoser
カテゴリレンダリング高速化

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.boktv.x0.com/blog/b4tt8bbx.cgi/1901-del
-delを削除してご使用ください(スパム対策)

コメント

コメントする