このページ:TOP ≫  Poser

PC買い替えとかでも、Poser6はインストールしなくても大丈夫

本当に今更な情報かもしれませんが、PC買い替えやHDDお引っ越しの際、Poser6はわざわざインストールしなおさなくても、インストールフォルダを移動させるだけで利用可能っぽいです。

昨年末にデータぶっとばしたり、今年1月にPC買い換えたり、6月にWindows7 RC(64Bit)インストールしたり、ココの所Poserの再インストールを頻繁に行う必要があり、「面倒臭くなってバックアップデータを直接起動!・・・アレ?普通に動くよ?」ってな展開で発見です。

フォルダ移動で起動可能だけど、コレだけは直しておきたい所

過去のPCにインストールしたフォルダを丸々コピーしただけでPoser6は作動します。さしあたって大きな不具合を感じません。
ディレクトリ階層を以前のPCと全く同じにしておけばまず問題は起きません。

違うディレクトリに移動させちゃった場合、最低でも以下のファイルを修正のこと。

Prefs
▲Poser 6 ≫ Runtime ≫prefs ≫ LibraryPrefs.xmlに、参照するRuntimeフォルダの情報が含まれています。

過去のPCで複数のRuntimeを参照していた場合、ここを書き換える、またはデフォに戻す必要あり。

<?xml version="1.0"?>
<!-- LibraryPreferences.                 -->
<!-- Created: Thu Jun 18 18:39:02 2009             -->
<LibraryPreferences curFolder="4"  previewNum="100"  limitPreview="0"  doubleClickReplace="0" >
    <ContentFolder folder="Runtime\libraries"  index="0" >
        <Library libraryType="2"  curLibraryFolder="character" />
    </ContentFolder>
</LibraryPreferences>

▲上記がPoser6のLibraryPrefs.xmのデフォ状態。
これに書き換えてから新たにPoser上で複数のRuntimeを登録した方が楽かも。

それ以外にも書き直しの必要な箇所があるかもしれないけど、Poserは基本的にディレクトリを相対表記しているので大丈夫っぽいです。

 

先日、他のトラブルに見舞われてPoser6を再インストールする羽目になりましたが、それまでは未インストールでフォルダ移動のみの状態で、約2ヶ月間Poser6は安定していました。
(初回起動時に少しだけ設定やり直しは必要でした。でもインストールしなおしてSRあてて、Runtime上書きして、、、なんてやるよりずっと楽!)

ちなみにPoser7はインストール情報がWindowsシステム内のアチコチに分散されちゃうので新しくインストールしてRuntimeフォルダだけ上書きが簡単&無難です。

Category : Poser
« 64bit版Windows7でVue、Poser(一つ古い記事) | このページ | 「Buffer overrun detected!」と表示されPoserが起動できなくなった(一つ新しい記事) »
このブログを検索
カテゴリー
最近の記事
DAZ rendero e-on smithmicro e-frontier

関連項目

カテゴリPoser

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.boktv.x0.com/blog/b4tt8bbx.cgi/1903-del
-delを削除してご使用ください(スパム対策)

コメント

コメントする