このページ:TOP ≫  その他小技

色空間のお話2:TVキャプとCGデータ

以前書いた色空間についての補足説明を、併設する別館ブログ(動画エンコードとフリーソフトの話題がメイン)に書きましたのでここでも紹介します。

この3Dブログで以前書いた「色空間に関する話題」は以下
色空間の話-動画と静止画の違い
今回新しく書いた「色空間に関する話題」は以下
色空間:RGBとYUVの違い

前者は、CGをやっている人の為に、
「パソコンで作るデータはRGBなので、動画にする際は1ピクセル毎の色情報は失われるので気をつけましょう」と云う内容。

後者はTVキャプして動画エンコしている人の為に、
「キャプチャしたビデオはPCで加工する際にRGBに変換すると、主に明部や暗部の情報が失われてしまいますよ、気を付けましょう」と言う内容。

「万能に色を表現できるフォーマットってのはなかなか存在しません。」って事ですね。

HDRIとかはバツグンに色情報、輝度情報を保持していますが、一般的なフォーマットではありませんし、静止画でさえ恐ろしくデータ量ありますんで、現時点でのPCの性能では動画に使用するのは非現実的ですよねぇ。

当面は現行のフォーマットが幅を利かせるでしょうが、十数年経ったらこの辺を解決したフォーマットが主流に。。。なるかな?(^_^;

Category : その他小技
« 静止画像の「おっぱいたゆんたゆん」させたり「筋肉ピクンピクン」させたり出来る体験版ソフト(一つ古い記事) | このページ | 古いフィルムみたいなノイズの作り方(一つ新しい記事) »
このブログを検索
カテゴリー
最近の記事
DAZ rendero e-on smithmicro e-frontier

関連項目

カテゴリその他小技

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.boktv.x0.com/blog/b4tt8bbx.cgi/1666-del
-delを削除してご使用ください(スパム対策)

コメント

コメントする