このページ:TOP ≫  Poser  またはTOP ≫ その他小技

属するカテゴリ● Poserその他小技
一つ前の記事 ● Carrara6、リリースされましたね。
一つ後の記事 ● DAZでCarrara6用TransPoser2が・・・・

DualCore以上のCPUでPoserの動きが遅い時

このブログで、Poser関連で一番最初に書いた筈の記事がドコを見渡しても残っていないので、書き直し(笑)

PoserはDualCoreのCPUで、上手く動いてくれません。

例えばウチの環境はAMD Athlon 64X2 4200+ と GeForce6600GT とPoserで遊ぶにはそれなりに贅沢な環境なのですが

M3RRの素体1体だけで、プレビュー表示が10FPS程度と激遅(´Д`;)
Poser6、Poser7、どちらも同じです。

しかし

タスクマネージャーを開いて
「プロセス」を表示
「Poser.exe」を選択、右クリック
「関係の設定」を選択して。。。。

二つともONになっているCPUのチェックボックスを、どちらか一方OFFにしてやると。。。。


静止画では解りませんが、Poserはパワーアップ!
プレビュー画面が推定30FPS前後でグリグリ動くようになりました(笑)

DualCoreのCPUでPoserの作業する時は片肺運転は必須の注意事項です

ところがどっこいレンダリング中も片肺運転していると。。。。

ManyCPUに対応している筈のPoser7のFFレンダリングも片肺運転のまま。

レンダリング前には元に戻す事必須です。
Category : Poser, その他小技
« Carrara6、リリースされましたね。(一つ古い記事) | このページ | DAZでCarrara6用TransPoser2が・・・・(一つ新しい記事) »
このブログを検索
カテゴリー
最近の記事
DAZ rendero e-on smithmicro e-frontier

関連項目

カテゴリPoser
カテゴリその他小技

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.boktv.x0.com/blog/b4tt8bbx.cgi/114-del
-delを削除してご使用ください(スパム対策)

コメント

コメントする