このページ:TOP ≫  Poser

【軽量化】Poserフィギュアを改造しよう3

さらに前回エントリの続き。
Poserフィギュアの作動を軽くする為に、チョットだけ改造するお話の3回目である。

■3.Poserへ再度読み込み、フィギュア化


前回のエントリで、メタセコイヤで作成したファイルを再びPoserに読み込みます。
fig03.jpg
新規にファイルを作成し、上図のように『ファイル』≫『インポート』から、OBJファイルを読み込みます。

fig04.jpg
PoserでのOBJファイルの読み込みは上のように。
チェックは全て外します。


fig05.jpg
先ほど加工したBody、Head、両方読み込みます。正しく操作できていれば、首と頭はぴったり重なっている筈です。


複数のOBJファイルに分けて作業した場合、もう一度同じようにOBJ出力して、一つのファイルにまとめます。
fig06.jpg fig07.jpg
今回の場合、頭と体を別に加工したので、このように出力します。エキスポートのチェックは一箇所減っているので注意です。

(MarbleCLAYで加工した場合、ここでOBJファイルをテキストエディタで開いて、マテリアル名の修正が必要になります)


fig08.jpg
まとめたOBJファイルを再びPoserにインポートし、、、、


セットアップルームに移動します。
fig09.jpg


元になったフィギュアを選び、ダブルクリックします。
fig10.jpg
今回の場合はVictoria3 RRを選択します。ダブルクリックすると少し時間がかかりますが、やがてBoneが適用されます。


fig11.jpg
ここまでの作業が上手く行っていないと、余分なグループ設定が入っている事があるので、削除します。
Show multigrouped faces』にチェックを入れて、赤い部分が出たらそれです。『DeleteGroup』を押していらないグループを削除します。


ここまでやったらこの項目での作業は終わりです。
ポーズルームに戻って見ましょう。
fig12.jpg
プレビュー画面をカトゥーンモード(線付き)にしてみる。上手くフィギュア化されていなかったら、顔や体に上図の様にポリゴンの切れ目が入る。そんな時はやり直しだ!


上手くポーズが取れるか、モーフが効いているか確認し、問題ないようならフィギュアを登録しよう。
fig13.jpg
フィギュアカテゴリーの中の、登録したいフォルダに移動し、『+』ボタンを押すと登録される。既に登録されたものと同じ名前を付けると上書きされるので気を付けよう。


以上でフィギュア化終了。
この段階では念の為pz3ファイルでバックアップを取っておこう。

次回はCR2Builderを使って余分なマテリアルの削除、Runtimeの最適化を説明します。
Category : Poser
« 【軽量化】Poserフィギュアを改造しよう2(一つ古い記事) | このページ | 【軽量化】Poserフィギュアを改造しよう4(一つ新しい記事) »
このブログを検索
カテゴリー
最近の記事
DAZ rendero e-on smithmicro e-frontier

関連項目

カテゴリPoser

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.boktv.x0.com/blog/b4tt8bbx.cgi/57-del
-delを削除してご使用ください(スパム対策)

コメント

コメントする