このページ:TOP ≫  Poser

【軽量化】Poserフィギュアを改造しよう2

前回エントリの続き、Poserフィギュアの作動を軽くする為に、チョットだけ改造するお話である。


■2.ポリゴンモデラによるマテリアル再設定と一部ポリゴン削除
ここではメタセコイヤ(有料版)を使って説明します。
持っていない人は、MarbleCLAYがフリーウェアな上、使い方も解り易く、クセもなくお勧めです。(マテリアル設定にやや難がありますが)
六角大王はマテリアル設定、ポリゴンの順番に独自の規格がありすぎて、この作業には向きません。
メタセコイヤ、MarbleCLAYの詳しい使い方はここでは説明しませんので、各自調べて見てください。

■OBJファイルのインポート
メタセコでのインポートの場合、FMKさんのFMK'S HeLL、hogehogeさんのPlayWithPoserで配布されているプラグイン等がPoserオブジェクトの読み込みに特化していますので、読み込んだ後が楽です。良い感じです。

msq01.jpg
まずはボディ側。思い切ってマテリアル2個まで減らしました。

Body部分は実質 首の一部にマテリアルSkinHeadが適用してある以外、全部SkinBodyと同じテクスチャを使うので、大胆に適用し直しました。マテリアル適用は『選択部処理』≫『面に現在の材質を指定』で行います。

マテリアルの設定が終わったら、再びOBJファイルとして保存します。
スケールが変わったり、左右の反転等起きないよう、読み込んだ時と同じ設定で保存する事に注意しましょう。


msq02.jpg
上の図のように、顔部分のマテリアルも以上の様に大幅削除しました。
V3系の目玉は3重構造になっていてなかなかリアルですが、レンダリング、操作とも重くなってしまう原因です。作業を軽くするのが目的なので、全部取っちゃいましょう。

その主な操作は以下です。
・左右のpupil、Irisをマテリアル、ポリゴン共に削除
 (↑これをやると眼球のモーフが効かなくなります)
・左右のEyeWhite、Cornerのマテリアルを片方のEyeWhiteにまとめてしまう。
・まつ毛、眉毛も
マテリアル、ポリゴン共削除
 (↑これを行うと顔のモーフが効かなくなります)
・歯、歯ぐきもマテリアルを一つにまとめる。
・歯、目以外の部分を一つのマテリアルにまとめる
・『モーフが効かなくなるのがイヤだ』という人は、眼球部分は
 全部EyeWhite等透明じゃないマテリアル一つにまとめ、眉毛、
 まつ毛はそのままにしておきましょう。


以上をやればメタセコイヤでの作業は終了です。Body部分同様、Head部分もOBJ保存しましょう。

次回はPoserへ再度読み込み、フィギュア化を説明します。

Category : Poser
« 【軽量化】Poserフィギュアを改造しよう1(一つ古い記事) | このページ | 【軽量化】Poserフィギュアを改造しよう3(一つ新しい記事) »
このブログを検索
カテゴリー
最近の記事
DAZ rendero e-on smithmicro e-frontier

関連項目

カテゴリPoser

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.boktv.x0.com/blog/b4tt8bbx.cgi/56-del
-delを削除してご使用ください(スパム対策)

コメント

コメントする