このページ:TOP ≫  Poser  またはTOP ≫ その他小技

属するカテゴリ● Poserその他小技
一つ前の記事 ● PoserのカメラをVueに持ち込む
一つ後の記事 ● WalkDesignerを軽くする。

禁断のPoserファイル解凍技

ある程度Poserの操作に慣れてくると、どーしても自分でcr2ファイルの中身を弄りたくなってしまう。
しかし、Poserファイルの中には圧縮されたものが多々あり、一度解凍しないと中身をいじれず、非常に面倒臭い思いをする事が多々ある。

何とか楽してPoserファイルを解凍出来ない物か?
そんな時にRuntime内をぼ~っと眺めていたら、偶然見つけてしまった禁断のスクリプト。

crz、obz、pzz、等々、Poser内の圧縮ファイルを一気に解凍する荒業スクリプトである。
ネット上で話題に登らないだけで、皆さん知っている技だったらゴメンナサイ。
(ちなみに一個づつ解凍するなら7zipが拡張子のリネーム不要で便利です。)

■Python Scriptを呼び出そう
pos204.jpg
ツールバー『Window』から『Python Scripts』を呼び出す。


■スクリプトを登録する
pos205.jpg
Python Scriptsボックスの、空欄をクリックすると、そこに新たにスクリプトを登録できる。

pos202.jpg
目的のスクリプトは、Runtime\Python\poserScripts\Utilityの中にある。

pos201.jpg
なんか怪しい名前のスクリプトが一杯あるフォルダだが、『uncompressPoserFiles』が目的のファイルだ。
コイツを選択し、『開く』を押せば登録出来る。
(『compressPoserFiles』というスクリプトもあり、こちらを選べば全ファイル圧縮できます。)


■解凍スクリプトを実行する。
pos203.jpg
登録したボタンを押し、スクリプトを実行させるとこんなダイアログボックスが登場。
とにかく、Runtime内の圧縮ファイルを全て一気に解凍してくれるらしい。

ちなみに下のチェックボックスをオンにしていると、解凍後、オリジナルの圧縮ファイルは消去される。
あくまで自己責任で行おう。危険な操作だ。

OKを押すと、Runtime内の圧縮ファイルが全て解凍されます。
私の場合、15GBのRuntimeフォルダが解凍後17GBに。倍位に膨れ上がったらどうしようとドキドキしてましたが、意外に圧縮ファイルは少なかったようで、少しの容量アップで済みました。


何かあればスグcr2ファイルの中を覗きたくなる人は、コイツを使って全ファイル解凍しておくのも良いかと思います。
逆にHDDを節約したい人は『compressPoserFiles』で全ファイル圧縮という荒業に出ても面白いかもしれません。責任は持てませんが。
Category : Poser, その他小技
« PoserのカメラをVueに持ち込む(一つ古い記事) | このページ | WalkDesignerを軽くする。(一つ新しい記事) »
このブログを検索
カテゴリー
最近の記事
DAZ rendero e-on smithmicro e-frontier

関連項目

カテゴリPoser
カテゴリその他小技

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.boktv.x0.com/blog/b4tt8bbx.cgi/67-del
-delを削除してご使用ください(スパム対策)

コメント

コメントする




Posted by: nii0127 | 2007年3月31日 18:16

「禁断のPoserファイル解凍技」を読みました。
Runtime内のファイルをすべて解凍しておくとPoserを使用時にフィギュアの読み込みが早くなったりするのでしょうか?
普通に使っているとライブラリー内のフィギュアをダブルクリックしても読み込みに時間がかかりちょっとイライラするので、解凍することによって読み込みが早くなるのであればやってみたいと思います。

Posted by: ぼくんちのTV けん | 2007年3月31日 20:25

いつもコメントありがとうございます。

読み込みは確かに解凍する時間分だけ早くなります。
Poserに標準で添付されているフィギュア(G2とかDonとかイチローとか)は圧縮されていますが、DAZやRenderosityで配布されているデータは殆ど圧縮はされてません。
あまり使わないフィギュアは解凍してもHDDを圧迫するだけかもしれませんので、良く考えてから実行することをお勧めします^^