このページ:TOP ≫  Vue  またはTOP ≫ レンダリング高速化

属するカテゴリ● Vueレンダリング高速化
一つ前の記事 ● Vueのレンダリングを考える-アンチエイリアス編1
一つ後の記事 ● リンク集

Vueのレンダリングを考える-グローバルイルミネーション編1

さて、Vueのレンダリングを考える-アンチエイリアス編1で貼り付けた画像はどちらでしょうか?
2-59-final 34s-final
答えは左なんですが、、、、
実は右と左でレンダリング時間が5倍以上も違うんです。レンダリング品質はどちらも『ファイナル』。何が違うかというと。。。
大気エディタA  ←コレ。大気エディタの(A)の部分、『大気ブースト』の数値を変えたんです。
ちなみに左の画像は0、右の画像は-2でした。

ここの数値を変えるとGI、GRのレンダ品質、時間共に大きく変わってくる事になるのです。ちなみに上の写真のレンダリング時間は
左)2分59秒
右)34秒
ぱっと見変わらないのにこの違い(;´ω`)

この辺の最適値を探してみました。(あくまでも個人的な最適値ですが)
で、私なりの感想は

  • 実は自然景観ではかなり低くても大丈夫。あまり気にしなくて良い。
  • それどころかGI使わなくてもソフトシャドウを使わなければStd、GAで大丈夫。GIやめて高速化がベスト
  • 市街地、部屋の中は『グローバルイルミネーション設定』の中をいじる
    • 最高でサンプリング数144、一括評価範囲16
    • 最低でサンプリング数 64、一括評価範囲4
    • 上記の範囲内でケースバイケースで最適値を探す
    • ↑『グローバルイルミネーション設定』の中をいじると上で説明した(A)『大気ブースト』の値は無視される

ってな結果になりました。以下実験結果です。

グローバル設定BC 調整する箇所は上(A)『大気ブースト』に加え、レンダリングオプション→グローバルイルミネーション設定の
(B)『サンプル数』
(C)『一括評価範囲』
オブジェクトアンチエイリアス項目の
(D)サブレイの最大値、最小値
(E)品質閾値

この5点をメインに調整を行ってみました。で、まずは普通に静止画としてレンダリングする場合の品質で一枚。
自然景観ではGIの実験しても無意味っぽいのでサンプルは市街地です。

 

 


最高画質  
これは六角大王Super5に収録されている市街地オブジェクトをobjで書き出し、適当にマテリアル設定したものです。でGIの実験をしたつもりだったんですが。。。
すんません、GIの実験のつもりがGRでレンダリングしてました(´Д`;)

で、上の一枚目のサンプル画像のレンダ条件は

  • 大気設定:グローバルラジオシティ、レンダリング設定:ユーザー
    (B)144、(C)16、(D)9X9、(E)85%
    448X336Pixel 5分24秒

となっております。まあ、静止画でレンダリングする場合、この程度は欲しいなと云う最低条件あたりです。(テクスチャ、バンプを調整すれば(E)はもう少し低く出来ます)
これを動画作成で妥協できるところまで品質を落としてみよう。(泣)となるわけです。

ファイナル  

  • 大気設定:グローバルラジオシティ、レンダリング設定:ファイナル
    (A)-2
    448X336Pixel 27秒

圧倒的にスピードアップしましたがちょっと動画にも使えないレベルです。
トップで見比べた2枚の自然景観の右側と同じ条件なのに、大変な画像になっちゃってます(´Д`;)
基本的に(A)をいじってGI、GRの影を調整するのは難しいので他の方法を考えた方が無難かもorz

プレビュー070128  

  • 大気設定:グローバルラジオシティ、レンダリング設定:プレビュー
    (A)-1
    1344X1008Pixel(3倍) 1分1秒

。。。。。orz
やっぱ汚い。奥の方の影は「汚れですよ」と言えば格好が付きそうだが手前の影はどうにもならん汚さですね(;´ω`)

非最適化1X  

  • 大気設定:グローバルラジオシティ、レンダリング設定:ユーザー
    (B)64、(C)4、(D)1x1、(E)10%
    896X672Pixel(2倍) 3分15秒

これなら動画としてなら何とか通用しそうなレベル。もうひとふんばり

最適化1X  

  • 大気設定:グローバルラジオシティ、レンダリング設定:ユーザー
    (B)64、(C)4、(D)1x1、(E)10%、最終レンダリングパス最適化ON
    896X672Pixel(2倍) 2分19秒

うむ、この辺がベストかも

1x1-10-36-4-896  

  • 大気設定:グローバルラジオシティ、レンダリング設定:ユーザー
    (B)36、(C)4、(D)1x1、(E)10%、最終レンダリングパス最適化ON
    896X672Pixel(2倍) 1分17秒

まあ、この辺も妥協範囲内か?実際動画にしたときに判断することになるが。。。
「グローバルイルミネーション編」としながら実際にGRでレンダリングしていた事はご容赦下さいませ(;´ω`)
その時々で時間と品質、どちらを取るかは変わって来ると思いますが、参考になれば幸いです。

注)(B)~(C)をいじる場合と(A)は無効になり、(A)が有効な場合はレンダリング設定をプリセットから選んでいるため(B)~(E)は有効になりません。

Category : Vue, レンダリング高速化
« Vueのレンダリングを考える-アンチエイリアス編1 (一つ古い記事) | このページ | リンク集(一つ新しい記事) »
このブログを検索
カテゴリー
最近の記事
DAZ rendero e-on smithmicro e-frontier

関連項目

カテゴリVue
カテゴリレンダリング高速化

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.boktv.x0.com/blog/b4tt8bbx.cgi/15-del
-delを削除してご使用ください(スパム対策)

コメント

コメントする